ソフトウェアM&A.jp

  • MENU
  • CONTACT
  • TEL

ソフトウェアM&A.jp は、IT業界・ソフトウェア業界・インターネット業界の友好的M&A・事業承継・サイト売買・ソフト売買・アプリ売買の総合マーケットプレイスです。 - 2017/04/28

ソフトウェアM&A (ソフトM&A) とは?(管財人様の資産売却・処分の代行もOK)

ソフトウェアM&A(=著作権取引、著作権売買)とは、法人(パッケージ開発企業やソフトウェア開発企業)または個人(フリープログラマーや日曜プログラマー)が設計・開発したソフトウェア(アプリケーション、ゲーム、デザインデータ等を含む)の著作権(知的財産権)そのものを売買(=売却、買収)することです。

中でも、IT会社やソフトウェア会社の清算に伴った、破産管財人の弁護士先生からのご相談が増加傾向にあります。破産管財人の弁護先生からのご依頼に応じて、ソフトェア資産等を含む無形固定資産の売却&処分を一手に受任・代行させていただいております。まずは気兼ねなくご相談下さい。


  • 成果報酬によるご請求制度を採用しており、M&A契約が成約しない限り、掲載料金等は一切「無料」です。そのため、余計なコストをかけることなく相手先を見つけることができます。
  • 第3者にソフトウェア(ソースコードや構成ファイル群)を譲渡した後も、自社製品として販売を継続したいといったような特殊なケースにも対応することができます。
  • ソフトウェア(アプリケーション、ゲーム、デザインデータ等)を買収したその日からすぐに自社ブランドの自社製品として販売・配布できる(再販OK!)ことも大きなメリットです。
  • 単にソフトウェア(アプリケーション、ゲーム、デザインデータ等)だけを譲渡するのではなく、ユーザ情報や、関連ドキュメント(仕様書類、設計書類)までを引き継ぐこともでき、手離れが良い点も利点です。

ソフトウェア売却(著作権譲渡)のメリット

ソフトウェアの継続性・拡張性の維持

あなたの製品・作品がまだ多くの方に使われていないのだとしたら・・・。多くの方に使っていただく、それこそ開発者冥利に尽きるというものです。

多くの時間・労力・想いを注いだソフトウェア(アプリケーション、ゲーム等)を手放すのはとても心苦しいものですが、きっと新しいオーナー様が多くの方のもとへあなたの製品・作品を届けてくれます。

新しいオーナー様の元で機能追加やバージョンアップが継続されることで、既存のエンドユーザの皆様にもきっと喜んでいただけます


ソフトウェア著作権(知的財産権)の現金化

「ソフトウェアM&A」を通じて、今後たくさんのソフトウェア(アプリケーション、ゲーム等を含む)が、開発コストの何倍、何十倍という金額で取引されるようになります。

ソフトウェア著作権(知的財産権)の価値を今すぐ現金化できるソフトウェアM&Aを、事業の整理や収益化手段のひとつとしてお役立てください


ソフトウェア売却(著作権譲渡)のお申込み

ご相談のみも承ります。ソフトウェア著作権(知的財産権)の売却・譲渡をご検討のお客様は今すぐお申込み下さい。


ソフト・アプリ・ゲームの著作権の譲渡・売却のお申込み

ソフトウェア買収(著作権譲受)のメリット

製品アイディア・開発工数を買う

ゼロから企画を打ち立てて、実際にエンドユーザが利用できる水準まで開発・テストを繰り返すのに、どのくらいの時間やコストがかかるでしょうか。いや、いくら時間をかけようとも、「企画」「アイディア」そのものすら生まれないかもしれません。

既に完成しているソフトウェア(アプリケーション、ゲーム、デザインデータ等)を直ぐに手に入れられるソフトウェアM&Aであれば、貴社・貴殿の貴重な時間を大幅に節約できます


シナジー効果と知名度向上

ソフトウェアM&Aのもっとも重要な特徴は「シナジー効果」「知名度の向上」です。

競合他社のソフトウェアを買収することで市場シェアをいっきに拡大することができます(シナジー効果)。また有名なフリーウェアなどを買収することでいっきに貴社・貴殿の知名度を向上させることができます(知名度の向上)。


ソフトウェア買収(著作権譲受)のお申込み

ご相談のみも承ります。ソフトウェア著作権(知的財産権)の買収・譲受をご検討のお客様は今すぐお申込み下さい。


ソフト・アプリ・ゲームの著作権の買収のお申込み
ページTOPへ ページトップへ