ソフトウェアM&A.jp

  • MENU
  • CONTACT
  • TEL

ソフトウェアM&A.jp は、IT業界・ソフトウェア業界・インターネット業界の友好的M&A・事業承継・サイト売買・ソフト売買・アプリ売買の総合マーケットプレイスです。 - 2017/06/22

ソフトウェア買収(著作権譲受)とは?

ソフトウェア買収(著作権譲受)とは、ソフトウェア(アプリケーション、ゲーム、デザインデータを含む)の著作権(知的財産権)そのものを買収(譲受)することです。

ソフトウェアを販売してビジネスを行いたい、新規ソフトウェアを開発する技術者・コスト・時間が足りない、など。

ソフトウェアM&A.jp は、ソフトウェア(アプリケーション、ゲーム等)の著作権(知的財産権)そのものを購入する場をご提供し、あなたの悩みにお応え致します。

ソフトウェアM&A.jp で買収したソフト・アプリ・ゲームは、買収したその日から直ぐに再販できます。売買契約締結まで専任コンサルタントが責任もってサポート、売却希望者様との交渉も全て仲介させていただきます。

また、ソフトウェア買収直後から、円滑に収益化できるよう、営業支援専門業者様やラウンダー営業専門業者様と業務提携させていただいております。ご用命の際は、弊社窓口までお問合せ下さい。

営業支援業者様との業務提携案内についてはこちらをご参照ください

ご利用料金について

ソフトウェアM&A.jp のご利用料金は売買成立時の成約手数料のみとなっております。月額固定のシステム使用料、サービス希望者から商談申込が発生するごとに課金される紹介手数料は不要です。但し、M&A 交渉上やむを得ない業務(出張等)が発生する場合は、事前合意の上、立替経費としてご精算させていただく場合がございますことをご了承ください。

サイト掲載料金
 : 無料(一切不要)
M&A成約時報酬額
 
 : 
 
売買契約額の10%+消費税
但し、売買契約額100万円以下の場合に限り一律10万5000円

売買契約における対象物件

案件ごとに売却希望者・買収希望者間で細かく調整します。基本的には下記にあげる物件等が対象となります。

  • ソフトウェア資産(ソースコード、デザインデータ等を含む)
  • ソフトウェアの販売サイト・紹介サイト等(ドメイン等含む)
  • 各種ドキュメント類(仕様書、設計書、マニュアル等)
  • エンドユーザ情報、その他必要な物件
  • 上記に付随する全ての知的財産権利(著作権利)

売買契約における注意事項

契約書類(媒介契約書、機密保持契約書、著作権譲渡契約書等)は、弊社提携の行政事務所にて発行させていただいております。また、「著作権」は創作・公表された時点から発生し、登録の必要はないとされていますが、著作権侵害等のトラブルを避けるため「著作権譲渡契約」の他、「著作権登録」をおススメしております。

  • 著作権買収の仲介に際しては、媒介契約、機密保持契約(NDA契約)をご締結致します。
  • 弊社提携の行政書士事務所にて、著作権譲渡契約書類の作成を代行致します。
  • 売買に際しては、特別な事由がある場合を除き「翻訳権・翻案権(著作権法27条)」「二次的著作物の利用者に関する原著作者の権利(著作権法28条)」等も含めた「著作権譲渡契約」をご締結いただきます。
  • 法律上「著作人格権」は譲渡不能であることから、「著作人格権の不行使特約」を締結いただきます。

著作権の登録についてはこちらをご参照ください


ソフトウェア買収(著作権譲受)のお申込み:公募案件(サイト公開案件)

本サイトに公開・公募されているソフトウェアの著作権(知的財産権)売却案件のご購入(買収・譲受)をご検討のお客様はこちらからお申込み下さい。
公募案件(サイト公開案件)のソフト・アプリ・ゲームの著作権買収のお申込み

ソフトウェア買収(著作権譲受)のお申込み:指名買い(オーダーメイドM&A)

本サイトには公開・公募されていない個別のソフト・アプリ・ゲームの指名買い(オーダーメイドM&A)をご検討のお客様はこちらからお申込み下さい。
指名買い(オーダーメイドM&A)によるソフト・アプリ・ゲームの著作権買収のお申込み

ソフトウェア買収(著作権譲受)のお申込み:非公開案件(プレミア案件)

お客様のご要望により本サイトには公開できない「非公開案件」も多数お取り扱いしてございます。こんなソフト・アプリ・ゲームの取り扱いはある?これくらいの買収予算で収益性の良さそうな案件は?など、気兼ねなくご相談下さい。
非公開のソフト・アプリ・ゲームの著作権譲渡案件について問い合わせる
ページTOPへ ページトップへ